三重県伊賀市で年に一度開催されている陶器まつり。
今年も行ってきました。
土楽さんのお手伝いに行くようになって、もう10年以上になります。
大したお手伝いにはなっていないのですが…、
自分が大好きで土鍋や器を長年使っているからこそ、
お客様にも自信をもってオススメしたいし、
土鍋の疑問や使い方については、ある程度のお答えができるようになった気がします。
土楽さんとの出会いは、私の料理人生において大きな影響を受けたことは間違いなく、
初めて訪れた時に、自然とともに営む生活、豊ってこういうことだ と強烈に感じたことを思い出します。
土楽の福森さん、伊賀の里山が、今年も温かく迎えてくださいました。

気が付けば、撮影したのは食べものばかりになっていました(笑)
秋の味覚を堪能してきましたよ。

松茸

土楽さんの黒鍋で、伊賀牛といっしょにすき焼きに

名残の鱧

戻り鰹と甘鯛

次の日のお弁当
残してあった松茸と伊賀の新米で炊き込みごはんになりました。

福森のお母さまの愛情いっぱいのお惣菜といっしょにお弁当に。

今年も我が家用にと、土鍋や器をいろいろと連れて帰ってきました。
使うのが楽しみです。