埼玉県川越市に本社のある武州ガス様では、
定期的に料理教室が開催されています。

会場は、本社1Fに2019年4月オープンしたばかりのキッチンスタジオ「b kitchen」です。
様々なメーカーのシステムキッチンに触れることができるのが、こちらのスタジオの嬉しい特徴です。
各社キッチンメーカーの最新のものを使いながら、料理を学ぶことが出来ます。
https://www.bushugas.co.jp/life/cooking/

デモンストレーション台も、もちろん最新のもので、
自動炊飯機能, タイマー, 温度設定, 好みの仕上がりに合わせてモードが選べる…など多機能になっています。
終了すると自動消火、音声でも知らせてくれるので、
まるでもう一人のアシスタントのように、サポートしてくれます。

今回こちらで初めて講師をさせていただきました。
テーマは「基本のだしと和食ごはん」

基本的な鰹と昆布のだしの取り方と、
ぎんなん、里芋、新米、きのこ、ほうれん草などの秋の味覚と川越の特産品を使って、
和の献立をご紹介しました。

武州ガス様が発行されている「b-ガス情報」という暮らしの情報誌のお料理コーナーで、
ガスを活かした料理をご紹介させていただいていたことがご縁で、
今回の料理教室となりました。

次回は1月16日と17日に開催予定。
テーマは「土鍋の基本と土鍋を使った料理」です。